わんこ生活 Love  dogs ♪

 

医療機関のホームページですが、ここではワンコ自慢を延々と…

あおたハートクリニックは動物病院ではありませんが(笑)私も含め、クリニックのスタッフはみんな犬好きです。


院長の愛犬です♥

私の6匹の愛犬達です。

 ミニチュアダックス3匹、チワワ1匹、フレンチブルドッグ1匹、ミニチュアピンシャー1匹です。

 もう1匹、ミニチュアダックス(リッジ♂)がいましたが、7歳のお誕生日を迎えてすぐに、椎間板ヘルニアから、脊髄軟化症を発症して、1週間後に亡くなってしまいました。『ヘソ天のリッジ』今も愛しいワンコです。

6匹は室内で飼っている為、フローリングがボロボロになってしまいました(泣)



では、院長の愛犬達をご紹介します♫

ミニヨン(mignonne:2000.05.03~)

我が家の最年長ワンコ。『運命の子1号』

ミニチュアダックス、クリアレッドの女の子。今年17歳のおばあちゃんワンコです。

フランス語で『かわいい』と言う意味のmignon(ミニョン)から名前を付けました。

フランス留学中にお世話になったガーディアンさん(管理人)に報告したら『女の子なので女性形がが良いよ!』とアドバイスを頂きMignonne(ミニョンヌ)』になり発音は『ミニヨン』にしました。クリニックの電話番号は名前からTEL:073-427-0324にしました。

ずっと前から犬を飼いたいと妻共々思っていました。和歌山に赴任してしばらくした頃、大型量販店が開店し、その中のペットショップを見に行きました。子犬が2匹出ていたので、その内の1匹を抱っこさせてもらった所、顔をペロッと舐められてハートを『ズキュ〜ン!』と射抜かれてしまいました。まさに目がハート状態。『運命の子、現る!』


その頃は病院官舎に住んでいたのでペット飼育禁止でしたが後先を考えずに、すぐにお金をかき集めて迎えに行きました。まさに盲目状態でした。


約4ヶ月間、鳴かないように妻が付きっきりで世話をしましたが、隠れて飼うことに限界を感じ、庭付きの家を借りて官舎を出ました。同じ官舎の方には全く気付かれていなかったようで、引っ越しの挨拶に伺った際にびっくりされました。病院事務の方には、この場をお借りしてお詫び申し上げます。


庭付きの借家では、官舎での軟禁生活の反動か、庭をのびのびと跳びはね、バッタや蝶を生け捕りにしたり、家の中でも障子を突き破って出入り口を作ってしまったり、悪戯もエスカレート。破壊行動が激しくなってきたため、『このままでは大家さんにご迷惑をお掛けする事になる…』と一大決心して家を建てることにしました。


当時は珍しかったペット仕様の『プラスわん』のCMが気に入りヘーベルハウスです。階段下はゲート付きのワンコ部屋。犬仕様でミニヨンの快適生活を意識しましたが、まさか6匹に増えるとは思ってもいませんでした(笑)


今、我が家はリビングが犬小屋と化し、かつてのミニヨンの専用部屋だった階段下のスペースは犬用トイレとなってしまいました。まさに犬小屋に居候させてもらっている感じです。

ドライブ大好き♪

ベランダをパトロール

ヒツジに変身?

 Let's go♪



クレア(Crea:2002.05.15~)

 

 ミニチュアダックスの女の子。今年15歳になりました。チョコレートダップルという当時は珍しいカラーでした。

クレアを連れて帰る途中でフランスのフォッシュ病院で勤務していた手術室の可愛い看護師さんの顔がふと浮かび、彼女の名前をお借りしてCreaとしました。

クリニックのFAX番号はクレアからとり、

FAX : 073-427-0908(クレア)としました。

家を建てて引っ越す寸前、行きつけのペットショップでのことでした。


普段、犬には全く興味を示さなかったミニヨンが、子犬のクレアを見て『ちょうだい、ちょうだい!』と40分以上もチンチンしながら追いかける様子を見ていたオーナーさんの『きっと、ご縁があるのね…』という言葉に『その通りかも知れない…』とミニヨンの情熱に根負けした形で、我が家に迎える事になりました。


『運命の子2号』です。


ミニヨンを連れておやつを買いに行っただけなのに、まさか、子犬を連れて帰るとは…。晴天の霹靂、幸せな誤算でしたが、息子達には呆れた顔をされてしまいました。


クレアは穏やかな性格で優しい顔をしていますが、運動神経抜群で結構悪戯をします。しかも、ビックリするくらいの知能犯です。


2歳の時、帝王切開で5匹の赤ちゃんを出産しました。なかなかの難産でしたが、出産後は傷の痛みもものともせず、育児放棄することもなく立派に子育てしました。一緒に暮らす娘のソフィーに対しては、今でもしっかりとママをしています。

最近は白内障が進行し、あまり見えていないのでは?と思うこともありますが、元気です。

お出かけ、楽しい〜♪

注射の後のご褒美♥

今日は寒いね…

お馬さんと…近いよ!



ソフィー(Sophie : 2004.11.26~)

チョコダップルの女の子。
今年の秋には13歳になるクレアの娘です。

目を離すと、すぐに裏庭から脱走します。
脱走しないように注意していても、少しの隙をついて脱走成功(泣)まるで忍者の様ですが、大抵は家の前の道やご近所をウロウロ‥。でも、名前を呼ぶとすぐに帰って来ます。

ソフィーはとても繊細です。愛想は余り良くないし、甘えたいけど甘えるのが下手。『寂しがりやの甘えん坊』です。子犬の頃から眉間に皺を寄せた様な難しい顔をしていました。新たに子犬を迎えると、ソフィーの心が嫉妬の嵐に狂ってしまうのか、必ず『ガブリ!!』と襲ってしまいます。

噛んでしまったあとは、ひたすら小さくなって反省‥

行動を観察していると、どうも発情と関連している様で、動物病院の先生に勧められ『不妊手術』を受けました。その後、手術痕に腫瘍が出来て開腹手術したり‥
いろいろありましたが、『とんがっていたソフィー、触れば血を見たナイフの様なソフィー』が3年程前からま〜るくなりました。相変わらず甘えるのは下手ですが、大好きな次男が帰省すると目がハートになり、乙女に変身します。

bebeの頃。ピンクのリボンがソフィーです。

お散歩、大好き♪

海水浴、す〜いすい!

呼んだ?



シェリー(Cherie : 2005.11.8~)

 

チワワの女の子。今年の秋12歳になりますチョコクリームタン&ホワイトというカラーです。

 

名前はフランス語の[ma cherie](私の恋人)から名付けました。
体重は3kgですが、ぽっちゃりなメタボ体型(笑)ごはんは少しなのに、空気を吸っても、お水を飲んでも太ってしまう体質なのかな?飼い主に似てしまったのでしょうか?

2006年お正月休み明け、『お公家眉がなくてちょっと間が抜けた様な、でも可愛いチョコのダックスがいるのよ‥』という妻のひと言でいつものペットショップへ。
そこで、またまた『運命の出会い!』(笑)

あまりのかわいさに一目惚れ!ケージから出された子犬を抱っこさせてもらうと、ペロッと顔を舐められ、『運命』を確信して我が家に迎えたのがチワワのシェリーです。
結局、「お公家眉のないチョコタンのダックス」を見る事もなく、シェリーに釘付けになりました。我が家に迎えたものの、当時は血の気が多かったダックス軍団からシェリーを守るため、小さい頃は妻がエプロンの前ポケットで育てました。

当初、チワワの加入に大反対していた妻にすっかり懐いてしまい、今では私にあまり近づいてくれません。『シェリー、おいで!』と呼んでも来てくれず、かえって身構えたりします。抱っこしても顔をそむけて妻に助けを求めるような目で見たりします。
あの運命の出会いは幻だったのでしょうか?

シェリーは人見知り、イヌ見知りが激しく、家族や知り合い以外には決して懐かず、とても臆病な性格です。『臆病な犬ほど吠える』と言いますが、まさにその通り。塀の上を野良猫が通ると、気配を感じた時点で警戒警報を発令します。『クルクル、グルグル』喉を鳴らして、まるで鳩のように鳴くので別名『ポッポ』と呼んでいます。

我が家のお姫様☆

カメラ目線

決まった〜♥

袖にすっぽり、はまっちゃった…

寝袋マットをかみかみ…



ナナ(Nana :2009.02.06~)

 

フレンチブルドッグの女の子。今年8歳です。

クリームというカラーです。
Nanaはフランス語で『かわいい女の子』という意味がある俗語です。
妻は「鼻ペチャワンコ」が大好きです。
次男が大学入学で家を離れた寂しさから、ナナに出会って1週間悩んだ末、諦めきれず連れ帰り、家族になりました。
現在10kg。

シェリーとは反対にマッチョな筋肉質です。 

ナナはいびきが『ゴーゴー』と凄い上、『ウーウー、グルグル』と抑揚を付けてよく語ります。お気に入りの寝袋マットやソファーの場所に他のワンコがいると、傍にお座りして顔を近づけ『ウーウー、グルグル』相手が根負けするまで語り続けます。6匹の中では1番体格も大きく、力も強いですが、決して実力行使せず、話し合いで解決する温厚でちょっとしつこい性格です。

ナナはなぜか私の事が大好きで、トイレやお風呂まで付いて来ます。入浴中はバスマットにお座りして、半透明の仕切り戸にぺちゃんこの鼻を押し付けて風呂から上がるのをじっと待っていたりします。


初めは、『不細工だな〜』と思っていましたが、見慣れて来た?頃から『ぶさかわ(不細工だけどかわいい)』に今では味のある顔を『可愛い!』と思うようになりました。

私が連れて帰って来て家族になったのに‥』と、妻は時々羨ましそうです。そう言う妻の腕の中には、私が一目惚れしたシェリーがしっかりと抱っこされていて‥なかなかうまくいかないものですね‥。

お馬さんと一緒

脱力…

一応、女の子です。

ダンディ〜

Smile〜♥



モグ(Mogu : 2011.06.03~2015.03.15)

 

ミニチュアピンシャーの女の子です。今年4歳です。

ブルータンという珍しいカラーでチャコールグレーのように見えます。

 

いろいろな運命の巡り合わせで我が家に迎えました。

前の名前が『もぐら』でしたので、『モグ』としました。『名は体を表す』と言いますが、まさにその通り。モグはごはんを好き嫌いなく「モグモグ」食べてくれます。

ミニチュアピンシャーは耳が立っている子が多いのですが、モグはご覧の通りの『垂れ耳』です。子犬の頃、立ち耳にしようと矯正もされたようですが、どうしても垂れ耳になってしまったと聞きました。

モグはミニピンらしくない穏やかな優しい性格です。とても人懐っこく甘え上手で、我が家の『親善大使』です。クリニックのスタッフさんの面接にも同行してもらい、優秀なスタッフさんの確保に成功しました!

モグは食べる事が大好きで、食事前には嬉しさのあまり毎回超高速回転をします。見ている方が目を回しそうです。筋肉質の3kg。3人掛けのソファーを2歩で跳び越えたり、椅子に座る妻の膝に助走なしで跳び乗ったり、凄い身体能力を持っています。
ナナをお手本にしている為か、モグもよくお喋りをします。
『デコボココンビ』今日も仲良しです。

 

 

*我が家のモグですが、3月15日(日)、突然天国へ旅立ってしまいました。
人懐っこくて甘え上手で、抑揚を付けたお喋りが愛らしかったモグ。
ごはん前の超高速回転も、もう見る事が出来なくなってしまいました。
抱っこが大好きでした。
右の肩口で静かな寝息をたてる可愛い
顔、すべすべだった肌触り、モグの重さが今も忘れられません。
モグが亡くなった3月15日は丁度29回目の結婚記念日でした。
『忘れないでね‥』と言っているように感じました。

 Merci,Mogu♥ Toujour avec toi…

おてて、クロス!

眠いよ〜

モグちゃん、大好き♥

メェ〜。

ヒツジさんなのだ♪

怪盗モグ、参上〜!

あったかいんだから〜♪

わたしを見て〜!

クレちゃん枕は

寝心地さいこう〜!



次はスタッフの愛犬をご紹介します♫

『あおたハートクリニック』の『わんこファミリー』は、大家族です♫


ムック

 

 

 

ゴールデンレトリバーの男の子です。

今年3歳になります。

 

穏やかな性格です。


近所の人に『大きな犬は苦手だけれど、ムックちゃんは

大丈夫!』と、よく言われるそうです。 

Hello♪

ムックだよ〜♥

デッキで…

のんびり日向ぼっこ♫

Let's swimming!

犬かき、上手でしょ!


お散歩、行きたくないな…

だから〜

お散歩には行きたくないの!!

もう…

疲れちゃった…


プレゼントだよ☆

 



ぽんず

  今年2歳になるペキニーズの男の子です。

 

ペットショップで売れ残っていたぽんずちゃんを、スタッフさんのお母さんが家族に迎えました。毛がふさふさ♪

 

クリニックに遊びに来た時、床に腹這いになったことがあり、凄く可愛かったです。
開院して約1ヶ月、一緒に和歌山城にお花見に出掛け、

みんなの心を鷲掴みにしたイケメンです。

お昼寝中…zzzzz

ぽんちゃ〜ん♥


お散歩中♪

お散歩拒否です!

帰ろうよ〜



ジョイ

 

 以前からワンコを家族に迎えたいと思っていたスタッフさんは、平成27年3月26日、バーニーズマウンテンのジョイくんを家族に迎えました。

 

手が大きいジョイくん。将来の体重がどんな事になってしまうのか、不安なスタッフさん。

 

ただ今、週に1㎏のペースで成長中~。

将来は大物になる予感。。。

お外がいいな☆ 

疲れちゃった…

 

『はじめまして♥』

おすわり、完璧♪


今日のお天気は?

ぼく、イケメン★

暑いよ〜。

『伏せ!』も完璧♪